おちゃめな社長の告白

『人に投資する企業』のイーライフ株式会社の社長ブログ

日立製作所から学ぶ出世する人の条件


日立製作所は言わずとしれた日本を代表する大企業であります。
以前、当社の顧問に質問したことがあります。


日立製作所という連結社員30万人の巨大企業で上に行く人はどのような性格でどのような考え方を持っている方なのか。


ちなみに顧問は私の父親ですか?と良く聞かれますが叔父です。
今まで沢山の部下や大きな組織を率いてきた考え方や組織論は勉強になります。

先程の回答は。
人格が最も大切で公明正大であり自分の成果でなく部下を大切にしチームを優先して盛り上げることが上手な人ということでした。
逆に優秀で能力が高くても自分が大きく我が強すぎる人は途中までしか行けないという回答


私なりに紐解くと自分の実力、成果である程度までは行ける。それは上(上司)が引っ張って出世するが、その更に上にいくのは、今度は上でなく下(部下)が押し上げて出世していくという構造であるということでしょう。それが正しい組織の考え方かもしれません。

このような正しい人選や人事がしっかり確立できた企業ですから日本を代表する企業になったと思います。


もうひとつ。
現在、経団連の中西 宏明会長
現。日立製作所会長が社長に抜擢する条件の話。

社長候補の中で、私は社長になりたい!と言う人は社長にせず、私は【社長の仕事がしたい】という人を社長に抜擢する!!という話。非常に深いと思いました。

ここも解説してみます。

社長も部長も所長になるのも【手段】であって【目的】にしてはいけない。
役職になる事が目的の人は地位や立場が最優先の価値観になります。それは危険であるということ。
このタイプの方は役職や立場に非常にこだわり「私は社長だから、俺は部長なのに」という発言が自然に言葉で出る傾向があります。このような方が組織の上に行くと牛耳を執る組織になります。

これはよくある手段と目的の罠でしょう。

その他のことでもこの手段と目的は勘違いしてしまうことや間違っている落とし穴が多くあります。

社長、所長になるために仕事をするのでなく〇〇のようなことを実現したい。このようなことを創っていきたいというグランドデザインがあり、そのために所長になる。社長になる!という考え方が正しいでしょう。



~結論~
普遍的にリーダーは【見えない報酬】を大切にする人が結果的に評価され出世していくのでしょう。

立場が高くなればなるほど割に合わない仕事や責任がのしかかるからです。
一方では立場が高いほどやりがいが多く、楽しくて刺激的な仕事なことは
間違いないでしょう。

会社は出世すればするほど競争が激しくなる構造で出世を目標に働き続ければどこかで壁に当たります。
年収も同じ。限界があるからです。
残念ながら自分が思い描いている年収に到達しても幸せにはなれないという事実です。

よって昇給や昇格の喜びは一介であり一時的なものです。

例えば私は社長だから給料をこのぐらい貰わないとモチベーションあがらない。もう経営はやりたくない。と言う会社に入社したいと思うでしょうか。

 

見えない報酬を大切にするリーダーはマネジメント能力も優れており、褒める。ねぎらう、励ますことを大切にしており見えない報酬を部下にも伝えていくので自然と士気が高まりチームに一体感が出て成果があがります。
結果そのようなリーダーが今度は高い立場で経営などに抜擢されます。

 

これは日立製作所で出世していく人の考え方にも共通しているでしょう。

成功している方はお金の報酬はあくまで結果であり、そこに自分のモチベーションややりがいに重点を置いてなく、前年比の売上をチームで超えたこと!自分が提案したことで会社を変えて他の社員が働きやすくなる仕組みを創れた!悩んでいる部下が成果をあげた!お客様から喜びの声をもらった!
トラブルが起きない仕組みを完璧に作り上げた!前例のないことを実現できた!

こんなことが【見えない報酬】だと思います、

イーライフもこのような見えない報酬を大切にしていくリーダーを抜擢していくことでしょう。


神奈川 福祉用具のことならイーライフ株式会社 採用サイト (e-lifecare.com)

https://job-medley.com/facility/287750/

2020年を終えて

                                          

今年、コロナの不安の中でも無事に終えることが出来ました。

1年間、お客様、取引先や社員の方々にはこの場をお借りして感謝申し上げます。

ありがとうございました。

健康に一年間、駆け抜けることができました。


振り返ると様々なことがありました。企業は生き物であり沢山の人が動くので様々なことや偶発的なことが起こります。そして様々な課題が生まれてきます。
その中でも当社は小さなトラブルでも重要に捉え根本の原因を考え速やかに是正措置と再発防止をしていくという考え方は創業から変わりません。

 

【今年の総括】

①売上前年比150%増。
多くの日本の企業が減収減益の中で、当社が順調に推移出来たのは皆様のおかげです。

 

クラウドストレージやテレワーク、社内ITツール、ネットFAX活用が成功し約60%~70%ペーパーレスの実現

 

③管理部を新設
労務と総務の専門職を配置。更に社員が働きやすい環境を作ることができました。

しかし、まだまだなので来期は更に人を増加し内部強化をします。
また、社労士や弁護士とチームを組み就業規則や契約書等など内部監査をしていきます。
これは1月からやります。

④採用
今年も沢山の気概あふれる社員が入社してくれました。
ホームページも新たに採用ページを作成。
来春には企業動画も作成していただくことも決まりました。

介護の業界はキツイ!つまらない!というイメージを払拭する動画、ホームページの制作を目指します。
会社説明会の応募人数も3倍近くになりました。また採用する判断軸が明確になり採用がブレなくもなりました。
来期も採用は加速していきます。

 

⑤管理者の評価制度を新設と営業のインセンテイブの強化しました。
来年から開始です。
しかし管理者や役員は【見えない報酬】を大切にして欲しい。

来期も利益は出来る限り、社員に還元して、評価制度は常に進化させます。

⑥同業他社の経営者と情報交換や一緒にコラボして良いシナジー効果を生むことが出来ました。ここも来年は形にしていきます。


私自身、創業から様々な方からスタートアップした会社=不安定。
社員数が多く社歴が長ければ=安定している企業と勝手に決めつけられてきました。

一理あるけども、それは小さな視点であり先入観そのものです。
本当の会社の評価は財務諸表でしか評価できません。
今年は嬉しいことに数字を見るプロの銀行が当社の数字や将来性、業界の安定性なども評価して頂き沢山の銀行から融資の打診を頂きました。

 

 

業界的にも2045年までは関東圏は爆発的にマーケットが伸びます。
その中でも成長し続ける重要なことは常に危機感を抱え変化をしていくこと。
そして行動し続けることです。

人も企業も本質は同じです。皆、変化が嫌いで、思潮に囚われ今までのやり方や生き方をするのが最も安心で、楽なのは理解できます。しかし当社は逆説的な考え方で、常に変化し挑戦し続ける企業であります。
むしろ今までの自分たちのやり方はすべて否定してやるぐらいのほうが良いと思っております。

理由は世の中は情報社会であり諸行無常だからです。

そしてもうひとつは夢中になること。
努力は夢中に勝てないということが理解できました。

努力している人より夢中になっている人のほうが強い。
私も仕事以外のことは屈託することもなくなり、一心不乱に仕事に打ち込める環境は苦労も悩みもありますが、いつも仕事が楽しくて、寝る前にいつもあと、1時間あればと思うことばかりで、一日がすぐに終わってしまいますが、それは幸せでしょう。

来期も創業から変わらず、人材に最注力し事業と人材をセットで同時に成長させていく経営をしていきたいと思います。

来期も和を大切に皆で素晴らしい会社を創っていければと思います。


http://recruit-lp.e-lifecare.com/

https://job-medley.com/facility/253557/


私の記録を抜く社員が遂に出ました。

イーライフは毎月、会社が打ち出している数字を超えた社員は全体会議で表彰と

インセンテイブ報酬を支給しております。

それとは別の報酬制度があります。

それは入社から1年間での年間成績です。

常に年間の上位3名は会議で発表される資料に掲示しているので、誰がみても今まで最も成果をあげた営業は分かるわけです。

 

創業からの成績一位は憚りながら、私でした。

これは社長として当然であり、責任だと思っておりました。

社長という肩書だけで社員に言うことを聞け!など私には自信がございません。

そもそも私自身の経験の中で、実績や実力がない上司に偉そうなことを言われても違和感しかありませんでした。

何よりこれは政府と国民との関係性と同じですが、現場の大変さがわからないのです。

例えばお客様1件を紹介して頂く苦労と喜びは汗と涙を流して体験した人しか分からないものです。こういうのは理屈じゃないですよね。。

社長だから、役員だから、官僚だから元首だから理解できるものではありません。

 

ですから私自身、今までのキャリア、エゴや自信を全て棄てて、この会社でゼロから社長業と自分の営業も二つ同時に、最大限、成果を出す目標を立てました。 「俺は社長だし、営業は半分にするよ」なんて言い訳はしたくなかったし、どちらかを一方でなく、自分自身の営業の数字と会社の数字を100%の結果を出す方法だけ常に考えてきました。それだけ考えて、恥もプライドもなく、行動しまくりました。

これが、本気になれば出来るんです!!

たまにこういうコメント聞きませんか。。
「私は○○の仕事をしていて忙しかったのでこっちが出来ませんでした!!」

「今、この部署を見ているのでその部署まで余裕がなく数字が上がりませんでした。。」

このコメントは完全な言い訳で「私は仕事が出来ない人!」と宣言しているものです!


本当に結果を出す人は何個、仕事やろうが、何人部下がいようが、いくつ会社を持とうが結果を出す人は出します。

大体、言い訳ばかりする人は言い訳だけが得意になり、その他は何も出来ない人。

そして、当然、当社の取締役にもそこは求めてきました。 よってイーライフの年間1位は私で2位は取締役でした。

成果を出せなかったらまず、役員にはなってないでしょう。
私はそもそも営業一筋で自信があり、且つ心血注ぎ営業をしていたわけですから

簡単には他の営業に負けるはずがないと思っておりました。

自分自身の中でもキャリアハイでしたし、業界的にも胸を張れるような数字でしょう。

 

当然、私を抜くヤツなんて出ないと思っておりました。そして常に社員にも「悔しかったら私の数字を抜いてみな!ワッハッハ」と紋所のように使っておりました。

絶対、出ないだろうと思っていた!!安心してました。

それが、、、出てしまいました。。。。。 私を抜く悪魔が。。。。。

 

2つの想いがあります。

1つは経営者という立場で言うと最高に頼もしい社員。自分を抜く人材が自分の会社で出したなら私自身としても同慶であります。

1つは営業の立場で言うと悔しい。叶うなら私がもう一度営業で彼の数字に挑みたい。

しかし、私は会社の規模が拡大と同時に社長業に100%注力しないといけません

 

素直におめでとう!すごい、参った!という思いです。

 

彼は当然、給料も大幅にあがり前職の給料をあっという間に抜きましたが、

これからもすぐに最高ステージまで駆け上がるでしょう。こんなところで満足する器だとは思っておりません。

何より彼が「今は仕事が楽しい!転職して本当に良かった!」と言ってくれたことに尽きます。

彼を評価する点は沢山ありますが、態度には見せないけど、情熱や数字の意識が高く

意気衝天で負けず嫌い。

また、だからといって、個人主義でなく、事務や仲間の営業のフォローや急遽対応などに積極的だったりするところは、とても評価できるところです。

私たちは年功序列や社歴や経験者も未経験も全く関係なく、イーライフでの成果だけを評価に反映しておりますが、一方では会社の和を大切にという理念がありますので、

会社や他の方や他の部署のために

協力する、支えてくれる社員も評価をしていく企業でありたいと思っております。

 

 

当然、彼には会社で定めてある年間一位賞として特別インセンテイブと私から

美味しい食事に招待したいと思います。

最高の鮨を食べたいとのことなので予約困難なお店に連れていきたいと思います。

 

これから彼がどのようになっていくかは彼の努力と考え方次第でしょう。
どこの山に彼が登るか楽しみです。小さい山は頂上はすぐです。

そして、会社としては最大限、力が発揮できるような環境に注力していきたいと思います。

とにかく彼の1年の功績は銘記されます。

 

そして。。今、我が社に迷っている方。

是非。彼の数字を抜く挑戦をイーライフでしてみませんか。。。。
我が社はなかなか楽しいですよ!

http://e-lifecare.com/

https://job-medley.com/facility/253555/

今後の福祉用具業界と給料はこうなる!! (福祉用具の営業を検討の方は必見)

最近、当社にも面接や説明会の応募や問い合わせが急増しております。

新しく介護業界に飛び込む方が増加している根拠でしょう。

また、知人の経営者から介護ビジネスに参入する相談も受けます。

 

私はこの狭い業界だけでなく他業界や企業にも興味もあり、株式投資などを通じて

マクロに他の業界や企業をみるように心掛けております。

 

まず、これから就職や起業を検討している方は第一に成長するマーケットで勝負することが大切と思われます。

今後の日本の全体的なマーケットは惜しむらくは、シュリンク(縮小)していくでしょう。

ですから大企業は海外に進出するのです。

反対に広がるマーケットは我々のような介護ビジネスやインターネット産業、EC業界、バイオ業界やアマゾンなどの宅配産業など今後マーケットは拡大していきます。


個人的にはインターネット産業は特に良いと思います。利益率、生産性も高い業界で特にプログラマーの市場価値は重宝されます。

我々の介護マーケットも2000年から15年ほどで、約27倍の規模のマーケットに急成長し、現在も年率7%の成長を続けています

2025年問題といわれますが、我々のマーケットは2045年までは爆発的にマーケットは広がります。ただし、地域によってです。

1位は東京 2位は神奈川 3位は埼玉。大阪になります。

2045年以降もマーケットは下がるといっても急速には頓挫することはないので

顧客の正しいニーズを的確に捉えサービス提供していければ問題ありません。

しかし制度ビジネスなので国の政策に振り回される業界ですが、逆に言うと国の税金なので安定しており、今回のコロナの影響など比較的、影響が少ないというところから偶発的なことが起こりにくい業界と言えるでしょう。

 

次にマーケットの中でも市場の給料を決める中では【業界の生産性】が大きな要因になります。

これは介護業界はとても悪いです。ですから市場の給料があがらないのです。

社員の平均年収○○万という高収入と言われる企業も蓋を開けてみれば社員が残業を60時間が常な会社も沢山あります。

大切なのは時給で給料を考えること。

残業を0にした時の年収が300万とかになるなら高収入と言えるでしょうか。

しかし、残業をやらないと給料もあがらない。非効率なジレンマが生じます。
まさに【お金と時間のやりとり】が仕事の目的になってしまうでしょう。

 

ですから、我々の会社は残業ではなく【成果】として給料が連動する給料体系を導入しており、

常に私が社員の耳にタコのタコが出来るほど【効率と生産性】を重視して評価しております。
残業を沢山やった方が給料を沢山もらうのでなく、その逆で最短の時間で最高の結果を出した社員を一番評価する企業が正しいと私は信じて疑いません。

福祉用具貸与ビジネスは上限価格や法律の縛りがあり利益率に上限がある反面、生産性を高め顧客を早い速度で獲得できれば社員の給料は上げていけるからです。

 

大きな会社の一例を出して考えたいと思います。

現在、日本で一番の高収入の会社はキーエンスという会社です。

私個人として株を買おうか考えている1社であり、将来的にトヨタソフトバンクを抜き

日本で一番の会社になってもおかしくない超優良企業です。
この会社は平均年収がなんと2100万です。

売上5500憶 自己資本比率96% 営業利益50% 従業員8000人

 

ここの社員は残業60時間やって土日も昼夜兼行で働いているか?と言えばNOです。

週休2日であり、平日は夜9時30分に会社の照明が落とされます。

こういう会社が本当に素晴らしい会社だと思います。

キーエンスの強みは

営業利益率が圧倒的です。

一般の会社の営業利益率が約3%から5%の中、キーエンスはアップル社を超える営業利益率の脅威の50%を超えます。

様々の要因がありますが、他社が入り込めない競争力とファブレス経営などでしょう

ファブレス経営とは自社で工場を持たず、海外や外部で製造すること。ユニクロが良い例です。

また、自己資本比率という企業の安全性の数字で一般で40%あれば優良と言われておりますが、そこが脅威の96%という殆ど会社のお金が自社の資金ということです。

しかしこのような超優良企業には競争率が高く入社は困難です。

 

福祉用具業界のもう一つ良いことは

大企業が参入しずらいということです。

間違いなくキーエンストヨタが介護ビジネス(例えば介護ロボット)に参入しても福祉用具貸与業界は参入してこいないでしょう。

理由は先述の通り生産性が悪い。大企業は効率が悪いビジネスには参入しません。資金があるので大きな投資をして効率が良いビジネスに投資します。

レンタル卸やメーカとしての参入ならあり得ると思いますが、我々のような福祉用具貸与事業所の参入はないでしょう・

仮に参入してきても脅威ではありません。

何故かと言うと福祉用具貸与事業所は会社の大小ではなく営業個々の実力や人間性で勝負できる業界です。会社で選ぶのでなく担当者で選ばれる業界であります。

福祉用具貸与業界も全国で一番の大手でも年商100億いかないぐらいです。

100億というと大きな数字に見えますが、キーエンスなど見てみればわかるように足元にも及びません。

よってこの業界の中の大手であってもマクロの視点でみれば大企業ではありません。

 

このように我々も小さいマーケットですが、拡大基調で安定している魅力的なマーケットは間違いありません。

働く方は是非、自分の実力をつけること。しっかり実力や成果を評価していただく企業を選ぶこと。

上司や上を見て仕事をしないで、市場価値を見て自己研鑽して自分を高めていけば、更に挑戦して年収も上げていけると思います。
会社に頼る業界ではないし、自分の市場価値を高めておけば怖いものなどありません。

 

http://e-lifecare.com/

 https://job-medley.com/facility/253554/

 

最強の営業マンになるには。。。

イーライフも営業社員が増加しており、色々なタイプがいてとても頼もしいです。

しかしどの業界もいつも時代も普遍的に言えるのはやはり【行動力】がある営業は強いと感じます。

一方では行動しない限りは成果は出ない。

違う言い方で伝えると行動したもの勝ち!でしょうか。。

 

私達は営業の方法などは自由です。私や、所長やトップ営業マンが社内で

オンライン勉強会はやっておりますが、参加は任意で、押し付けず、あくまで参考程度で本人が自分で考えて自分のスタンスでやっております。


しかし、どんなやり方でもやはり手足を止めずに営業していると凹むときもありますが、それでもガンガン行動する社員はやはり結果が出てるし、強いなあと感じます。

おそらく人の3倍ぐらい行動しているのは3倍以上、失敗している、悔しい思いをしているはず。その分、改善しながら精度をあげているように思います。

それが自信になり、成果も出るから、仕事が楽しくなるという素晴らしいスパイラルになると思います。


経営も同じです。私もその理屈が体で理解出来ているので、やはり逡巡して手足が出てないときはまず行動してみようと考えます。
経営も営業も【スピード】が大切であります。
考えてから行動するのでは遅い。
人は考えながら行動できること。その経過の中で更に考えながら行動できること。

行動によって思考が改善できるのです。

ですから大切なのはまずは行動することでしょう。

http://e-lifecare.com/

弱みより強み

人は弱みを克服するのはとても大変です。
なぜかと言うと弱みだから。。

しかし強みを伸ばすのはそんなに難しくないはず。
なぜかと言うと自分の強みだから伸ばすのも楽しい!

しかし自分の弱みを大きく抱えて、人を見るときも弱みばかり
目にいってしまうのはなぜでしょう。

 

仕事や生きていく中で相手に迷惑をかける致命的な弱みや欠点でしたら絶対直さないといけないと思いますが、そんなたいしたことでなければ私は気にしなくても良いと思います。

 

私も以前は自分の短所をなんとかしようと努力していたし、悩んでいることも多かったですが、このような考えになりました。それは別に頑固になっているわけでもないし、日々、反省と改善は必要です。

そんなに深刻に考えることはないということ!
なぜ、こういう考え方になったかは簡単です。
その方がうまくいくから!


貴重な時間を充てるなら、虻蜂取らず、弱みを克服する努力より強みを伸ばす努力の方が楽しい。

そうですね。仕事を進めていく時に弱いところは誰かにそこを埋めてもらうのが一番良いと思います。

http://e-lifecare.com/

コロナで世の中が変わる!!

コロナの影響で世の中が漸次、変わるのでなく大きく変わろうとしております。
世の中が大きく変化するときはヒーローが現れるわけでなく、今回のようなピンチの時に大きく変わっていくことは歴史が証明しております。

どのように変わるのでしょう?
一つに働き方が変わると思います・・・・・・いや、変わってほしい。
改めて満員電車で会社に行く必要があるのでしょうか?
なぜ会社にタイムカードをきりに行くのでしょうか?
出張も会議もセミナーも今後はリモートやテレビ会議で物事が運んでいくでしょう。
極端な話、今後はオフィスも不要になる時代が来ると思います。いや。。。そもそも必要がないのでは。。。
または、3分の1ぐらいのスペースになり、一方ではコワーキングスペースなどが活発になりビジネスチャンスの一つになり、違う市場が活性化していくことでしょう

飲食も同じ。私も重宝しているウーバーイーツのように「店舗を持たない飲食業」というのがますます加速していくのだろうなと思うわけです。
間違いなくアフターコロナでは人々の働き方や価値観が変化します。
そして企業マネージメントも変わります。

我が社も今回、テレワークや自宅ワークの環境を作り事務員の出勤時間も11時からなど試してみました。

ありていにいえばこのような取り組みはずっとやりたかったのです。
やってみてどういう変化になるか支障があるか。試してみたかった。

試しながらで改善したり、調整していけば良いだけです。
私自身、様々な取り組みや運用で手応えがあったことが確かに沢山ありました。
コロナが終息しても会社と社員にとっても良いことは続けるつもりです。
社員の負担が減り働きやすくなるなら色々なこともやっていこうと思います。

そもそもイーライフは定時などの概念はなくしていきたいと思っております。
9時-18時で月~金まで働くのが日本の慣習ですが、週3回休みでも11時出勤でも何でも良いと思います。
大切なのは働いた時間ではなく「成果」です。
残業をしないと給料が上がらない仕組みの会社は今後、淘汰されていくだろうし、社員は正しい努力が出来ないので力もつかない。普通に考えれば優秀な社員はバカバカしくなり去っていくでしょう。

話は変わりますがイーライフは今月は年に3回ある昇給月でした。

昇給も年に1回の昇給の画一的な常識に疑問を持ち、当社は年に3回昇給機会を作るようにしました。

 

今回も月給が大幅にあがった社員も、未経験者で一気に2段階ステージがあがった社員もいます。

それもシンプルに本人が「成果」をあげたからです。

会社にゴマすりしているわけでもないし、夜中まで仕事をしていた訳でもありません。

ようは成果を上げただけです。

「頑張っている人が報われる」という理念のもと作った評価テーブルはイーライフの特徴であり思いであります。
コロナでなくても企業は時代とともに変わっていかないといけません。
しかし、この会社の軸である理念は変えてはいけないということです。


http://e-lifecare.com/